赤電京成の歴代更新車。時代が下るととも

赤電京成の歴代更新車。時代が下るとともに乗務員室直後の側客窓が小さくなっているのは乗務員室の拡大によるもの。形以前の乗務員室は構造も相まって超狭く感じたものでした実際狭い形の約半分。